2019年6月23日 (日)

人間の美しさについて考える(2)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 令和元年(平成31年) 
6・23(日)


  人間の美しさについて考える(2)

  
 姫野です。
 今日の京都は雲が多めの晴れの一日に
 なりそうです。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 今日は珍しく朝書いています。

  曙は まだむらさきに ほととぎす
 
               芭蕉

 昨日は夏至でげし。
 夏至は田植えの季節です。

 大阪では夏至の時機にはたこを
 食べるならわしがあるということです。

 皆さんも、今日は田植えをして
 タコをいただきましょう。
 (そんなアホな!)

  風流の はじめや奥の 田植えうた

               芭蕉

 僕は田植えの季節の田んぼをみると
 なぜか幸せな気分になります。 
 日本人の感性のひとつなのかもしれません。

 さて
 人間の美しさについての話をしていました。

 仏教は文字通り
 仏の教えです。

 仏法の
 「仏」とは、真理に目覚めた人という意味です。
 「法」とは、不滅の真理をいいます。

 不滅の真理に目覚めれば
 だれもが仏になれます。

 ブッダは語りました
 幸せになるには

 自分に頼れ
 法に頼れ

 個人崇拝や予言者の言葉に従う
 のではなく
 自分自身に頼れ

 というブッダの教えは
 僕はとても共感・納得します。

 しかし
 自分自身で判断決断して人生を
 歩むには何かよりどころ
 判断基準が必要です。

 「法」という不滅の判断基準を
 得るにはどうすればよいのか。

 ブッダはそのために
 生涯にわたり
 四諦八正道を説かれました。

 人生どうしたものか
 悩みや不安は誰であれ
 生涯続きます。

 人生楽しみも多くありますが
 生きている限り、悩み、苦しみ、不安も
 なくなることはありません。

 判断に迷い、悩んだとき
 そのときの判断基準のひとつとして

 どちらが
 自分が人間として美しいか
 美しい在り方をしている
 といえるか。

 を基準にするのは
 僕は好きです。
 幸せに生きるための
 ひとつの判断基準として有益だと
 思うのです。

 あなたはいかがでしょうか?

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

心とは何か?(3)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 令和元年(平成31年) 
6・1(土)


   心とは何か(3)

   
 姫野です。
 今日も京都は晴れて暑い一日でした。
 でも日陰はさわやかで心地よい季節です。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや~、今年も、はや6月に入りました。

 まったく、夢のように人生は流れます。
 ぼんやりと、いいような、悪いような自分の
 人生をすごしていますが、
 時は無情にも流れて行きます。トホホ…

 つい先日、大学3年の女子大生とお話しする
 機会があり
 その女子大生の悩みが
 「大学3年になり、就職対策をしなければ
  いけない時期になったのですが、なりたい職業
  行きたい企業が特になくて、悩んでるんです」

 「面接対策で、その練習もこれから
  あるんですけど、必ず志望動機を聞かれるでしょ。
  でも、その志望動機がなくて、みんなの前で
  面接の練習をするなんて、すごい苦痛なんです」

 その方の悩みも僕にはよくわかります。

 「この企業に是非行きたい」
 「絶対にこの職業に就きたい」と
  心から思う人の方がむしろ少ないのではないか。

 これからの自分の暮らしを立てていくために
 どこかに就職して、働いてお金を稼ぐ必要があるから
 就職活動をしている。
 という方も多いと感じます。

 いくつかのアドバイスなどは
 すぐ思いつきますが
 「う~ん、なるほど、それは悩みますね」と
 それをすぐ口にすることは押さえました。
 
 最後はその方が自分で、どこかで割り切って
 決めて世渡りをしていくしかない
 というところがあります。 

 「どうしたものか…?」

 人生では
 いろんな局面で、ついてまわる悩みです。

 さて
 「心とは何か」のお話の続きです。
 あなたの心の大半は
 無意識で出来ています。

 とすると
 幸せのカギは、無意識にあります。

 あなたの無意識を無視しては
 人生の深い歓びは得られないのです。

 でも
 無意識は
 自分では意識できないから無意識です。

 どうしたら
 矛盾混乱した表層意識。
 表層のすぐ変わる欲求と 
 欲求不満から抜け出して

 自分の無意識を味方に生きることが
 できるのでしょう?

 というところまででした。

 社会的地位、知識は広いのに
 人間としての深みは今一つと感じる方
 も多いです。

 表層の意識・知識だけでは
 人間はごまかせないのです。
 自我の殻を固くしても
 「自分は騙せても、他人は誤魔かせない」
 もちろん、最後は自分も騙せません。
 
 表層意識・自我だけが自分として
 自分は幸せに心が傷つかないように生きよう
 としても、
 無意識は常に働きかけてきます。

 無意識というと
 フロイトやユングがはじめて言い始めた
 と思っている方も多いと思います。

 しかし仏教では
 早くからこれに気付き、5世紀には
 唯識派では、読む気もしないくらい
 詳細に論じています。
 
 無意識は意識できないから無意識です。
 もちろん僕もわかりません。
 
 しかし、人の意識の根底に何があるのか。

 無意識の根底にあるもの
 自分の心、人の心の根底にあるもの
 それを探究して自分のものにしていく
 ということを仏教では説くのです。

 深い瞑想の中で
 意識化できない、言葉に出来ないものを
 つかんでいくわけです。

 仏性がある

 すべての人の根底には仏性がある
 それに従って生きないと幸せにはなれない
 深い心の安定は得られない。
 そう仏教では説くのです。

 心とは何か
 それは分からない
 しかし
 仏性に従うことで
 はじめて
 自分の心を幸せに整えていくことができる

 「確かにそう言える」と僕は思うのです。

 あなたはいかがでしょうか?

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

怒りと高慢に打ち克つには?

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・27(木)


   怒りと高慢に打ち克つには?

   
 姫野です。
 今日京都は、薄雲のかかる晴れの一日でした。
 
 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 京都の桜はまだ1分咲きというところです。
 さくらと言えば、僕は西行をいつも思います。

  願はくは 花の下にて 春死なむ

    その如月の  望月のころ

              西行

  (意)
   生前にこう詠んだ西行は、旧暦
   2月16日、新暦では今の3月31頃
   如月(きさらぎ)の望月の日の歌通り

   さくら咲く、満月の日に73歳で
   亡くなられました。 


  西行は約800年前の方ですが
  今も歌を通じて、友人と同じような
  感覚で僕の中には生きておられます。

  それを言えば、2500年前のブッダも
  その教えは現実にいらっしゃる感覚で
  僕の中では生きています。

  人は時間と空間を超えて、
  通い合うことができるものですね。


   惜しむとて 惜しまれぬべき この世かは

     身を捨ててこそ  身をもたすけめ

                  西行

  (意)
   いくら惜しんだところで、惜しみ通せる
   この世ではない。生きて自分を捨ててこそ
   わが身を救う道なのだ。


 さて
 幸せのために、仏教の教えで
 ぜひ理解して欲しくて、
 僕が折々に繰り返す話です。

   空と縁起の理解

 ブッダの言葉

 怒りと高慢に支配されるな
 それらの根を掘りつくしておれ
  
 快いものも、不快なものにも
 しっかりと打ち克て

 心を平静にして、精神の安定をたもち
 思い煩い、欲と悔恨とを断ち切れ

 智慧を第一とし、善をなすことにより
 危難に打ち克て

 
 う~ん、それはそうだが
 私たち誰もがもつ
 怒り、高慢、思い煩い、欲と悔恨
 快のみを求める心に打ち克つ
 「智慧と善」とは具体的にどういう
 ことだろう?と疑問になります。

 そこを押さえておくと
 日々の幸せの役に立ちます


 いかがでしょう
 「智慧」とは
 「善」とは何だと思いますか?


 長くなります
 続きは次回に…
 

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com


 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

 

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

浮世をすねて哲学の道

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・15(金)

    浮世をすねて哲学の道
 
  
 姫野です。
 今日京都は、晴れの穏やかな一日でした。
 でも、これから下り坂で雨になるとのことです。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 今日も浮世をすねて、気ままに生きてる
 僕ですが、あなたもきっとそうでしょう。
 (コラ!勝手に決めるな)

 いや、僕については、まあ半分本当です。
 もちろん、今の世を楽しく過ごされている
 方も多いでしょう。

 しかし、世の在り方を見ていると
 本質をしっかり議論せずに、
 どうでもいいようなことを空騒ぎしている。
 そして本質を上手に避けて、ごまかしている。
 そんなことが多い。

 特に政治家の議論・マスコミを見ていても
 また仕事をしていてもよくそう感じます。
 

 もう嫌になるのです。

 「悪いが僕は、はずれさしてもらう」
 僕個人は、もう30歳を過ぎてきから
 そんな感じで人生を過ごしている気がします。

 しかし
 そうはいっても、この世に生きて
 他の方に迷惑をかけないように
 自分の暮らしはたてていかなければなりませぬ。

 まあそこらあたりが
 悩ましいところです。

 さて
 そこで、今日はいつもと違って
 くだけた僕の歩きのリハビリの話です。

 3月末から仕事に復帰するのに
 僕は今、まだ歩くのがとてもきついのです。

 少しだけ坂の道を100メートルくらい歩いても
 「ふうふう」言ってしまいます。
 少し休むとすぐ回復するのですが
 脚や息がきついのです。
 

 これではいけないと
 今日は、歩きのリハビリで「哲学の道」を
 歩きに行きました。

 京都市営地下鉄の「石田」駅から「蹴上」駅
 で降りて、南禅寺に向かいます。

 国際交流会館の前に、レストランの案内があり
 「鯛のお茶づけ」のメニューが出てました。

 「おお、丁度、昼餉どき、ひとついただいてくれよう」
 と2Fの眺めの良いレストランに入り、いただきました。

 鯛の刺身と玄米ご飯に、土瓶のだしをかけて
 お茶漬けをいただきました。(1200円)

 もう、その美味しいの美味しくないの
 (どっちだ!)
 いや美味しくいただきました。

 皆さんも何かの折には、
 南禅寺近くの国際交流会館2Fのレストランを
 ご利用してみて下さい。
 まあでも、南禅寺は湯豆腐も捨てがたいです。

 それから、南禅寺を抜けて、永観堂の前を通り
 哲学の道を歩きました。

 哲学の道は春の桜の頃は
 もう嘘のようにきれいです。
 一度、あなたにも桜の頃におとづれていただきたい。
 とお薦めのスポットです。
 
 もう、休み休みで、銀閣寺前までやっと到着。
 銀閣寺参道を登り、山門前のお店で
 「抹茶ソフト」(300円)をいただきました。

 拝観料ももったいないので銀閣寺には入らず
 しばらく休んで
 また、哲学の道を折り返します。
 帰りも、途中の石のベンチで休み休みです。
 
 小川の水の流れと、緑に癒されます。

 永観堂の門前におそば屋さんがありました。
 おトイレを借りるのと、小腹もすいたので
 入りました。
 「しっぽくそば」(650円)をお願いしました。
 「う~ん、まずまず」と美味しくいただきました。

 それから
 また南禅寺を抜けて
 疎水沿いに平安神宮の大きな朱の鳥居前の
 セブンイレブンで100円のコーヒーをいただいて
 鳥居を眺めながら一休み。

 そして、市営地下鉄の「東山駅」から乗って
 「石田」駅まで戻りました。

 今日の浮世すねものの僕の
 歩きのリハビリの1日でした。

  ながめつる けふは昔に なりぬとも

    軒端の梅は  われを忘るな
 
             式子内親王
 
 本当に
 今日もすぐ昔になってしまいます。
 

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月12日 (火)

あなたの究極の根源は何か?

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・12(火)

    あなたの究極の根源は何か
 
  
 姫野です。
 今日京都は、晴れの少し風の強い一日でした。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 先日の土曜日、もう10年以上も
 僕のメルマガをお読み下さっている
 女性の方から、
  京都に行くついでに、リハビリ中で悪いが
 2・3時間程度お会いできないかというメールを
 いただきました。

  僕も、リハビリにはむしろ丁度よいので
 真言宗智山派総本山 智積院に一緒にお参りして
 お庭を眺めながらお話しました。
 (拝観料 500円)

 智積院は今、いろんな梅が咲いていて
 とても素敵です。

 また、ここの名勝庭園は一度見ておいて損はない
 と保証できる、とてもよいお庭です。
 (いやまあ、僕の好みなのです)

 彼女は、僕が以前東京でセミナーをやっていたときに
 来てくださっているので、初対面ではありません。

 それで、かなり突っ込んだスピリチュアルな
 話が、いきなりできます。
 

 さて
 そこで、自己の本質・根源は何か
 という話になりました。

 あなたは、自分の究極の根源は何か?
 自分というのは結局何だと思いますか?

 不滅の幸せをつかむには
 ぜひ、しっかりと考えておくとよい問いです。

 「意識」と「愛」ではないか。

 人は意識と愛を根源的基礎として創られている

 ここをしっかり身体でつかむと
 このいろいろと面白くないことも多い人生を
 幸せに生きていける。

 という話になりました。

 どうでしよう。
 あなたの感覚ではいかがでしょうか?

 普通の方には「姫野さん、あやしい~~~」
 などと感じられる話かもしれません。

 まあでも、僕はそう感じるのです。

 楽しくお話して
 ぶらぶら歩いて京都駅まで戻り
 お別れしました。

  うぐいすの 声遠き日も 暮れにけり

              蕪村

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

学生の就職先

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・8(金)

   学生の就職先
  
   
 姫野です。
 京都は、昨日は雨でした。
 今朝は、薄日がさす雲が多めのお天気です。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 金曜日の朝に書いています。
 おととい、リハビリで少し無理して歩き回って
 昨日はその疲れからか、一日寝てました。
 それで、今日は朝早くから起きてるわけです。

 今、時間が取れるので
 仏教の教えだけでなく、いろんな面白そうな
 ものも追いかけています。

 私の仕事が現役大学生対象なので
 学生との話の相談の話題のひとつとして
 就職先も話題になります。

 それで、今復職までに、
 少しいろんな企業の動きもみています。

 学生の就職先の人気も大きく変化しています。
 特に多くの学生を吸収していた
 銀行・保険が先行きがみえなくなりました。
 地銀・信用金庫などの業務は、
 「もうどうなるか分からない」という状況です。

 今のままの業務であれば、
 もう店舗閉鎖・縮小しかないと思います。

 しかし
 今ある仕事の6割は、10年前には
 存在していなかった。
 と言われるほど、変化が激しい時代です。

 次々に新しい仕事もまた
 誕生してきます。
 また、海外にも活躍の場は多いです。
 学生の方には、
 変化を活用して、人生を楽しんで欲しい。
 そう願います。
 
 そう、また
 それに関連して、ドイツ銀行の破綻
 中国バブルの崩壊による、世界不況が
 どうなるかも、気になるところです。

 ドイツ銀行の破綻・中国バブルの崩壊も
 ほぼ避けられなくて、後はいつ来るかだけ。
 そう言われて、もう数年たちますが
 本当に、「いつ頃になるだろうかな~」
 などと、破綻があってもほとんど影響の
 ない僕などは、のんきに考えています。

 経済などは、破綻しても
 自然の大災害と異なり
 直接命にはかかわりません。

 人が創ったシステムですから
 上手に世界の経済システムを動かし
 変化させていけば
 乗り切れる問題です。
 そこのところが、世界の指導者の
 力量が問われる問題となることだと思います。

 僕は、もう古い資本主義の考え方
 今の経済システムは変えないと、
 人々を幸せにはしないと思います。
 

 さて
 幸せに生きるための教えの言葉
 ウダ―ナバルガより

 徳行をそなえ、法に従って生き、
 恥を知り、真実を語り、自分のなすべきことを
 行う人を、他人は好ましいとみなす。

 他人に愛される人は
 自分のためにも良いことをするのである。
  
          ブッダ(感興の言葉より)

 僕も
 なかなかできませんが、
 その通りだと思います。

 
 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 2日 (土)

人はいさ 心も知らず

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
3・2(土)

  人はいさ 心も知らず

   
 姫野です。
 今日京都は、薄日のさす、くもが多めのお天気です。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 今日は珍しく土曜日の朝に書いています。

 なんと、はや3月です。

   人はいさ 心も知らず ふるさとは

    はなぞ昔の  香ににほひける

               紀貫之
 
  (意)
   あの人の心は変わってないかどうか、それは
   わからないが、昔なじんだ土地に咲く
   梅の花の香は、昔と同じままなことだよ

 僕は、3月末の仕事復帰を目指して
 リハビリに取り組み始めたところです。

 昨日は、久しぶりに地下鉄に乗り、
 三条大橋のたもとの中華屋「眠眠」で、
 焼きそばと餃子のお昼をいただき(780円)
 ぶらぶら、散歩し、河原町の「丸善」で
 本をゆっくり眺めてすごしました。
 
 しかし、見てるとつい買いたくなり、2冊
 買ってしましました。

 僕も
 本は今はアマゾンで買うことが多くなりました。
 昔ながらの書店では、もうやっていけない
 時代が来ています。

 ホント、時代の流れは
 ぼんやりと商売している人にとっては、
 怖い、非情といえる面があります。

 新京極のドトールで、コーヒーとレタスドッグ
 (480円)をいただきながら、買った本を
 読み、4時半ごろ地下鉄で「醍醐」に戻り、
 スーパー平和堂で
 買い物をして帰りました。

 久しぶりに出歩いて
 とても疲れて、戻るとバタン・キューと寝て
 今日土曜日は、今ゆっくりと朝を過ごしている
 ところでありまする。

 さて
 幸せのための心の在り方として
 いつもながらではありますが、今日も

 慈しみのこころで
 徳をあがめ、お互いを尊重し
 相手の自由を害さないようにして
 譲り合い、こころから相手の幸せを願って
 内心で手を合わせて暮らしましょう。

 特に何宗というのではなくても
 素朴な宗教心というのは 
 人を幸せにしてくれます

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

みなさんありがとうございます。  なぜ生きる? う~ん、わからない。

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
2・22(金)

  みなさんありがとうございます。
  なぜ生きる? 
  う~ん、わからない。
  
   
 姫野です。
 今日京都は雲が多めの冬の晴れの一日でした。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや~、多くの励ましのお言葉を頂戴して
 ありがとうございます。
 個別にお返事するのも面倒なので(コラ!なまけ者め)
 まとめて、お礼を申し上げまする。

 幸せに生きたいと誰もが願い
 誰もがそんなに幸せでもないこの現実の世界

 「それはおかしい!」
 
 それが僕の素朴なこの世の疑問の
 出発点です。
 
 でも、何年悩んでも
 僕にはわかりません。

 でも、何年も悩んで、やっと
 よくわかっていることもあります。

 それは、僕の小賢しい頭の働きを超えた
 「大いなる働きの世界がある」

 自分の愚かしさを正直に見つめ
 「大いなる働きに感謝し、委ねる」という
 面が幸せにはとても大切だ

 その想いです。

 誰の中にもある
 素朴な宗教心と言ってよいと思います。
 

 楽しさ、華やかさの陰に、
 この世には悲しみも、苦しみにも満ちています。
 その中で、人は生きなければなりません。
 
 僕は、もう世界は、新しい経済構造
 新しい考え方、こころの在り方
 をする時代が来ている。

 今の世界の国会議員・地方政治家・官僚・マスコミ
 みんな言っていること、考えていることが
 もう古いです。ワンパターンです。
 安倍さん・トランプさんなどの
 そんな古い資本主義経済政策で
 格差の是正なども無理です。

 新しいお金の配分、経済システム・構造を考えるべきです。
 みんなが、飢えずに、よい教育をも受けられる
 夢のような世界は、実はもうそこに来ている!

 特に日本では今すぐにも可能になっている。

 後はみんなで意識を変えていき、
 新システムをつくる必要があるだけだ。
 (ただこれが難しい!)

 僕にはそう想えます。
 まあそんな想いから、生きているうちは
 こんなことも書いておいて
 少しでも幸せのお役に立てれば
 などと願うのでありまする。

 人は心愚かにかたくなで、正しい教えを
 信じようとしない。
 我がちに目前の快楽のみを追っている。
 愛欲に惑い、道徳をわきまえず、怒りに狂い
 財と色とをむさぼることは、
 まるで狼のようである。

 なぜ道を求めないのだろうか。
 何を期待して生きているのだろうか。
 一体どういう楽しみを
 欲しているのであろうか。
     
            仏説無量寿経より

 さて、
 あなたは人生に一体どういう楽しみを
 欲しているのでしょうか。

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

京都医療センターに入院していました。 慈しみのこころ

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
2・20(水)

   入院してました。
   慈しみのこころ
  
   
 姫野です。
 今日京都は晴れの一日でした。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや~、お久しぶりです。
 先月1月14日深夜
 僕は「解離性大動脈瘤」(かいりせい だいどうみゃくりゅう)
 という、心臓のすぐそばにある、動脈が裂ける
 という、症状に突然襲われ

 救急車で藤森にある国立京都医療センターに運ばれ
 集中治療室に即入院、3週間はそのままの姿勢で
 絶対安静という状況でした。

 全く予期もしていない病気で
 もう「その痛いの痛くないの」(どっちだ!)
 とても痛く、息もできないのです。

 「即入院、すぐ親族に連絡して呼んで」
 と医者の声

 「う~ん、これで死ぬかもしれないのか?」
 「まあ、それならそれで、しょうがないよな~」
 「こんな人生で良しとしないといけないのだろう」
 などと妙に冷静に思いました。
 
 しかし
 不幸中の幸いで
 解離性大動脈りゅうは生死に直結する
 重い病気なのですが、僕は症状が最も軽くて済む
 方向に裂けて、ながれた血も、心臓や脳への出血
 にならずに済み。
 手術は不要で、自然治癒力にまかせ回復をまつ。
 ということで済みました。
 
 本当は2月いっぱいは入院ということでしたが
 一人部屋の別料金が高く、もったいないので
 自宅療養をお願いして、先日退院、今自宅療養
 しなから、久しぶりにこれを書いている。という
 ところなのでありまする。

 いや~、しかし大変でしたが
 とてもよい経験をしました。
 人生がまた一段と深く理解できた気がします。

 また、ブッダの慈しみの教え
 というのは本当に素晴らしいという思いがしました。

 たといどこにあっても
 他人を軽んじてはならない

 互いに他人に苦痛を与えることを
 望んではならない

 この慈しみの心づかいを
 生涯しっかりと保て

        ブッダ

 慈しみの心があって
 はじめて人間と呼べる人になれる
 そんな想いを味わいました。

 ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

自分を変えるには? 仏教の教えは誰のためにあるのか

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
2019年 平成31年 
1・10(木)

   自分を変えるには?

   仏教の教えは誰のためにあるか
  
   
 姫野です。
 今日京都は寒く雲が多めの晴れの一日でした。

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 京都はよい具合に冷えています。
 ビールなら、飲み頃です。(なんじゃそりゃ)

  春立や 伏見は朱(あか)の 光かな

               修一郎

 初詣は、伏見稲荷にしました。
 伏見稲荷は初詣に限らず、よくお参りします。
 鳥居の朱の色が鮮やかで好きです。

 今年も好きで学んでいる仏教の教えを中心に
 少しでも幸せな人生の参考になることを
 書いてくれよう。などと思っております。

 このまま科学技術が進歩すれば、
 それでみんなが幸せになり
 もう宗教は古くていらないのではないか。

 変な教祖の言いなりになるような
 あやしくも、いかがわしい宗教はこわい。

 そんなイメージが、現代日本の多くの方の
 共通認識になっていると思います。
 僕もそうでした。

 ただ、人には心があります。
 科学的合理主義では心や感情の問題が
 解決できないのです。

 母の涙・子の涙
 悔し涙
 歓びの涙

 「涙」の成分を分析しても
 それをどう考えるかの答えは出てきません。
 
 人生の意味
 それを科学的に分析しようとしても
 満足できる答えは出てきません。

 2500年前にブッダはそれに苦しみ
 すでに、その解決方法を示されたわけです。

 賛成するか、しないかは別にして
 それを学んでおくに越したことはないと
 思うのです。

 今はいろんな宗派があり
 宗派ごとに、いろんな特殊な教理の体系があり
 かえって、仏教の本質が学べなくなっています。

 仏教の本質は
 この世の理法を知り
 人間の根底にある
 「よき性質を伸ばす」ことにあります。

 善い人でありなさい
 心の温かい人でありなさいと説きます。
 
 それを、仏性と呼んで
 すべての人が生まれながらに有している。
 そう教えます。

 しかし、人に善いことをもたらしうる知性は
 同時に悪いことおも、もたらしうる潜在力が
 あります。
  よく切れる包丁のようなものです。

 ですから
 私たちは、学びつつ自分の心を上手に制禦して
 人生を歩む必要があります。

 人は、善き性質を伸ばし、悪い部分は改めて
 変革することができます。

 仏教の教えは誰のためにあるか?

 それは、あるがままの自分の姿を照らす
 ためにあります。
 自分を照らすためにあるのです。

 他人を評価、批判するためにあるのでは
 ないのです。

 テレビのコメンテイターのように
 「あの人は挨拶ひとつできない、
  暗いよね、あれでは幸せになれないよね」

 と自分を脇に置き、他人を評価するために
 使っていては成長と学びはありません。

 そう言っている「自分はどうなのか」
 自分は、「心温かな人として今あるのか」
 「明るく笑顔で挨拶できる人として在るのか」
 
 仏の眼から(法・真理の眼)から
 今のあるがままの自分の姿を
 観るためにあるのです。
 
 そうすると
 多くの方が、「参りました」
 「私は人を批判できるような
  立派な人間ではありません」
 そう反省して、自分を内面から変えていける
 ようになります。

 自分を変えて、
 幸せに生き、死んでゆくためには
 善い教えに照らして自分を観る
 それが必要なのです。

 分かりやすいように
 真理を仮に人格化したものが
 いろんな仏です。

 私たちは、だれもが仏に幸せを願われている
 存在です。

 人生に不安になったとき
 行き詰ったときにも
 静かにお参りしましょう。
 
 案ずるな、必ず救うてやる!

 そう呼ぶ仏の声が届きます。

  ではでは
 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 ana38655@nifty.com

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 案ずるな、必ず救うてやる!
 いつも響く仏の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧