2015年8月20日 (木)

前向きに生きるとは

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2015年 平成27年 
 8・19(水) 
    前向きに生きるとは
      
 姫野です。
 今日京都はくもりの一日で暑さが少しやわらいで
 助かりました。
 
 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 いや~、会社の引越しも無事一段落です。
 今日は休みでいつもの北大路のスポーツジムで軽く
 汗を流した後イーオンで松花堂弁当と肉じゃがを
 買って、賀茂川の土手でいただきました。
 最近の休みの日の僕のお気に入りのパターンです。
 加茂の流れは浅いので
 川に入って水遊びができます。
 今日は散歩中の犬も飼い主と水に入って
 流れのなかに腹ばいに座って土手を通る人を
 眺めていました。
 犬の目には人の世はどう見えているのでしょう。
  水浴びの 犬がみあぐる 賀茂の土手 
                修一郎
 さて
 人生では「明るく前向きに生きる」というのが
 楽しく生きるコツではあるのですが
 これがなかなかそうはいきません。
 
 人生そう自分にとって良いことばかり
 嫌なことは何ひとつしなくてよく
 失敗や恥をかくこともなく
 この世は好きな人ばかりで
 好きな仕事で楽して大儲け…
 なんてことはありませぬ。
 面白くないことが続き疲れてくると
 「明るく前向きに」とはわかっていても
 そうはいきません。
 
 知らず知らず眉間にしわを寄せ
 不機嫌で面白くない顔をしてしまいます。
 他の人からは機嫌よく声もかけづらい人になります。
 
 中にはその人がいるだけで
 周りの空気も重く陰気になってしまう
 ということもおきてきます。
 
 禅語に言います
 猶是生死岸頭事(なおこれ しょうじがんとうのこと)
          なお是れ 生死岸頭の事
 <意>
 生死の岸とはこの迷いの世界のことです。
 自分では「さとった、わかった」と思っても
 人には依然として悩みがつきまとうものだ。
 いくつになっても人は愚かものです。
 自分は失敗をしない、恥をかかない
 ということはいくつになってもできないのです。
 少し人に批判されると
 すぐプライドが傷つきます。
 ほんと愚か者ですね~。
 前向きに生きるとは
 自分が愚かであることを深く自覚し
 プライドなどは忘れ
 日々それを恥じつつも、慈しみ深く
 謙虚に慎み深く生きる。
 そんな姿勢が本当の前向きに生きる
 ということではないだろうか。
 まあ僕はそう感じます。
 あなたはいかがでしょうか。
 
 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 今日も笑顔でニコッとね。
 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/
 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_153517/
 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com
 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい
 できると信じればできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

お盆休みに ふと生きている意味を考える

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2015年 平成27年 
 8・11(火) 
   お盆休みに
   ふと生きる意味を考える
    
 姫野です。
 今日もまた京都は暑い日の照りつける晴れの
 お天気でした。
 
 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
 
 新しいパソコンで、WINDOWS10での操作での
 配信作業初回です。まだすべてが慣れないのでうまく
 行くかどうか少し不安な僕です。
 実は旧パソコンのメモリーを増やそうと操作
 していて、失敗してこれまでのデータを消して
 しまいました。トホホ…
 過去のメールもアドレスもすべて消してしまいました。
 ありゃ~~~。
 う~ん、ついでに過去の嫌な思い出は消して
 よい想い出だけ頭に残しなさい。
 そして新しくまた明るく元気に過ごしなさい。
 というお告げでありましょう。
 まあ何事もようほうに解釈いたしましょう。
 今日も会社で引越し作業をしました。
 このお盆休みにうちの会社の京都校が
 今の烏丸御池通りから歩いて5・6分の
 四条通の大丸の斜め前のビルに移転します。
 まあそのためにこの時期は今年は
 休みがありませぬ。
 今日はお昼は会社の下のスーパーFRESCOで
 チャーハンと焼きそばのお弁当とポテトサラダを
 買っていただきました(570円)。
 
 さて
 大分帰省の話をしていました。
 別府の弟の家に泊まった翌日は
 親戚の家のお仏壇にお参りに行きました。
 帰省すると僕は必ずこの親戚のお墓とお仏壇に
 お参りさせていただきます。
 菩提寺の法心寺ではお墓も隣り合わせです。
 いろんな想い出があります。
 「清子ねえさん」と世間話をします。
 僕の母は93歳・清子ねえさんも80歳になられます。
 いつしか、はたしてあと何回お会いできるだろう
 そう思う年齢になってしまいました。
 こんなお盆休みはお墓参りをして
 「自分が生きる意味」について
 少し考えるよい機会だと感じます。
 あなたはなぜ生きるのか
 あなたが生きる意味はあるのか
 いかがでしょう
 あなたはどう考えるでしょう。
 だれにせよ答えづらい難しい問だと思います。
 僕が長年考えてきた悩みです。
 もちろん楽しいことも多いです。
 でも嫌なこともまた多くあります。
 またただ生活の不安や苦しみがなければ幸せか
 年を取りたとえば今の僕の母のように
 ただ毎日テレビを見て生きている人生に
 何の生きている意味があるのだろう。
 こころから幸せに生きるために
 元気なうちにしっかりと考えておくとよい問いだと
 僕は思います。
 神・仏・宗教・信仰・帰依・真理・智慧がわかり
 善・美・愛・慈悲それが何なのかがわかると思います。
 
 こころの奥の
 声なき声・光なき光につつまれて
 ただあるがままにある日々を
 
 つづく… 
 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)
 今日も笑顔でニコッとね。
 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 
 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。
 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/
 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/
 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://melma.com/backnumber_153517/
 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com
 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい
 できると信じればできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

温泉湧出量世界2位 別府鉄輪(かんなわ)温泉

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 8・8(土)

 

 

    別府鉄輪(かんなわ)温泉と「どさまわり」

 

 

 姫野です。

 今日も京都は暑い日の照りつける晴れの

 お天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 もうお盆休みに入られている方も多いかと

 思います。

 

 いや~、京都はもう「暑い」の一言です。

 

 今日はR大学のうちの会社の部屋の片づけを

 バイトのM君と二人で一日行いました。

 今はもう不要になったレジュメが山のように

 あり、それを段ボールに詰め廃棄処分する

 作業です。

 

 もう汗だくです。

 

 お昼は、レバニラ炒め定食(850円)を

 いただきました。

 

 夜は夕食代わりにスイカをいただきました。

 まあこのスイカのおいしいの、美味しくないの

 (どっちだ!)

 いや~、もうとても美味しいです。

 

 

 ところで

 僕のパソコンはウインドウズのビスタでした。

 それで、もうCドライブのメモリーが限界に

 近づいて、約1年前もう一台買いました。

 

 それが、ウインドウズ8でした。

 無償でウインドウズ10にアップグレイドできる

 とうことで、前回このメルマガを書いた後、

 10にアップグレイドしたところ、

 

 それまで8でいろいろ整理していたネット情報が

 消えてしまいました。

 

 

 また0から登録などし直さなければなりませぬ。

 「う~ん、マイクロソフトの奴め!」と

 マイクロソフトを恨みたくもなりまする。トホホ…

 

 

 パソコンも便利ですが、こんなときには

 ほんと手がかかります。

 

 

 

 さて

 大分帰省の話をしていました。

 別府鉄輪温泉(かんなわ)を弟と散策していた

 話の続きです。

 

 

 鉄輪温泉は道に湯けむりがたちのぼり

 いかにもレトロな昔の温泉場という感じが

 なかなかいいです。

 

 そして「ヤングセンター」と名前からして

 いかにも昔の温泉場という名前の劇場もまだあり

 お芝居をやっているようすです。

 

 「こんなところがまだやっていけるのかな~。

  どさまわりの旅役者なのかな~」

 

 と話をしていたら

 弟が「どさまわり」って、なぜ「どさまわり」という

 か知っているか。

 

 「いや、なぜだろう」

 

 

  <どさまわり>

 

 江戸時代、賭博はご法度で、つかまると佐渡送り

 になりました。

  それで役人に賭場に踏み込まれることを

 「佐渡」の倒置後で「どさ」と言ったそうです。

 

  それで

  地方回りでもう都には帰れないのを「どさまわり」

  と言うようになったとのことです。

 

 

 夕食は開いている店も少なく

 いかにも田舎の食堂と言う感じの店に入りました。

 

 

 階段にいろんながらくたを積んでいるのが

 いやでも目に入ります。

 店内の小さなカウンターには赤い提灯が

 ぶら下がっています。

 

 

 大分名物の鳥天定食とだんご汁の定食

 をいただきました。

  

 こんなお店でいただくのも

 何か昭和の昔の香りがします。

 

 恋人と入るような店ではありませんが

 「こんなお店もまたそれなりの風情が

  あるな~」などと弟と楽しみました。

 

 

 こうして

 その夜は弟の家に泊まりました。

 

 

  山は富士 海は瀬戸内 湯は別府

 

 

 温泉湧出量日本一。世界2位(一位はアメリカイエローストーン)

 レトロな別府鉄輪温泉、機会があればぜひ一度

 訪れて見て下さい。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

別府鉄輪温泉と一遍上人

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 8・1(土)

 

 

     別府鉄輪温泉と一遍上人

 

 

 姫野です。

 今日も京都は暑い日の照りつける晴れの

 お天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 はや今年も8月となりました。

 今日僕は暑くて1日「グタッ」と自堕落に

 クーラーのきいた部屋でごろころと寝て

 過ごしました。

 

 

 だらしない奴と非難されるかもしれませんが

 これもまた僕の夏の楽しみのひとつです。

 

 

 ぐたっと、なまけてだらしなく一日過ごすのも

 「とても贅沢で幸せだな~」と自分では感じます。

 

 

 今日はフランスパンと牛乳、カレーうどんを

 自分でつくっていただきました。

 

 

 さて

 大分帰省の記3日目です。

 

 昨年弟が早めに退職して東京を引き払い、大分の

 別府に家を買いました。

  それで3日目はどんな家を買ったのかと弟の

 家を訪ねました。

 

 

 別府の鉄輪温泉近くの別荘地の一角にある、元は

 息子が親の隠居所として造られた家でした。

 

  そのためなかなか風情あるこった建物です。

 家に接して別棟に大きな湯船の温泉のお風呂が

 あります。大きく贅沢なお風呂です。

 

 部屋からもお風呂からも別府湾も一望できます。

 

 

 僕の感想としては

 「う~ん、いいのですが、ただ造りがこっている

  だけに、段差や階段が多くて、かえってかなり

  年をとって歩くのがつらくなったときには

  掃除や草取りなど住み辛くなるのではないか」

 

 

 などとひとり暮らしの弟の、先のことをちょっと

 心配して「どうなんだろう」と気にかかり、手放し

 で素晴らしい家だとは弟に言えませんでした。

 

 

 <鉄輪温泉>

 

 一服した後、弟と鉄輪温泉を散策して夕食をいただこう

 と出かけました。

 

 鉄輪温泉は鎌倉時代の僧、時宗のご開祖一遍上人が

 ひらいた温泉場と言われています。

 

 捨て聖として全国を踊り念仏で念仏遊行された

 一遍上人ですので、一遍上人が開いたと伝わる

 温泉場は全国に在ります。

 

 ただ、ここ鉄輪は今でもお寺が残り、一遍上人を

 讃え、偲ぶお祭りもしているのは珍しいと言えます。

 

 

 鉄輪は「地獄めぐり」で有名で、あちこちから

 湯けむりもあがり、温泉場としてとても風情が

 あります。

 

 「血の池地獄」と「海地獄」と鉄輪温泉は

 別府へお越しになったら、訪ねて散策してみるのも

 よいと思います。

 

 

 <一遍上人>

 この機会に少し一遍上人についてお話しさせて

 下さい。

 

 一遍は四国愛媛松山の道後温泉近くのお生まれです。

 鎌倉時代中期(1239年~1289年)50年の

 ご生涯です。

 

 

 鎌倉仏教のご開祖で比叡山で修行していない僧は

 一遍だけです。

  もっとも、一遍は宗派を開く意図は全くなかった

 ようです。

 

 鎌倉時代の宗教の特徴は、空海・最澄のように

 国家鎮護の宗教として天皇・貴族のための宗教で

 なく、一般民衆が救われるための現実的な宗教

 「民衆のための宗教」というところに特徴があり

 ます。

 

 

 一遍もそれに大いに悩みます。

 

  身を観ずれば水の泡 消ぬる後は人もなし

 

 

 お金も教養もなく今日の暮らしにも困る民衆を

 どうしたら楽にしてあげられるだろう。

  多くの民衆には観念的な説明では難しくて

 分かりません。伝わらず、広まりません。

 そんな教えでは幸せにはなれないのです。

 

 

 一遍(いちにして、「遍」あまねく)

 南無阿弥陀佛と一回でも唱えれば救われる。

 踊り、念仏を唱えれば救われる。

 

 「捨ててこそ」

 自他の位を打ち捨てて

 唯一念仏になるを他力とはいふなり

 

 

 今の知識や教養のある多くの人には

 そんな乱暴な説明では信じることは困難です。

 

 でも、何の知識も教養もない民衆にとっては

 南無阿弥陀仏と唱えれば救われる

 鐘をたたき踊って楽しむ

 

 という教えはとてもとっつきやすく

 分かりやすく、それでいくらかでも心も楽に

 なれただろうと思います。

 

 

 死の直前には自分の教えも焼き捨てて

 「一代聖教皆尽きて、南無阿弥陀仏に成り果てぬ」

 と満50年の生涯を終えられました。

 

 

 弟と鉄輪温泉を散策しながら

 僕も一遍上人を偲びました。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

通り雨

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・29(水)

 

 

     通り雨

 

 

 姫野です。

 今日も京都は暑い日の照りつける晴れの

 お天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや~、暑いです。

 京都は昼は歩くだけで一仕事になります。

 

 

 大分帰省の記も早く書かないと

 もうボ~として忘れそうです。

 

 

 帰省中大分は台風の影響で暑いのですが

 お天気は変わりやすく雨も多かったです。

 

 

  世の人の 苦楽の色も そのままに

 

    さらさらすぐる 通り雨かな

 

              修一郎

 

  (意)

   世界では今現在とても悩み苦しんでいる人も

   いるでしょうし、人生をつまらないと思いつつ

   過ごしている人もいるでしょう。

   また、逆に人生はなんて素敵なんだろう

   と楽しんでいる人もいらっしゃるでしょう。

 

   その人々の上をさらさらと通り雨が

   降ってゆきます。

 

 

 

 <大分帰省の記>

 

 2日目は弟に海水浴に連れて行ってもらいました。

 実家から車で30分くらいで、関アジ・関サバで少し

 知られる、佐賀関(さがのせき)の大志木(おおじゅうき)

 海水浴場に行きました。

 

 

 僕は海で泳ぐのが大好きなのです。

 

 

 僕が言うまでもないことですが

 海水浴に行かれるときには

 日焼け止めにほんとうに注意が必要です。

 

 今回僕はほとんど曇りだったので油断して

 日焼け止めを塗らなかったら、

 日焼けして、ひりひりして、今現在は皮膚が

 少し剥けています。

 

  くもりでも、油断せずに日焼け止めをして、

 僕のようなドジなまねはしないで下さい。

 

 

 あと海で泳ぐときは

 僕は慣れていて、少し泳ぎにも自信があるの

 ですがいつも「海は怖い」と注意しています。

 

 

 海ではプールのように力で泳ごうとする意識は

 やめないといけません。

  すぐ疲れて溺れてしまいます。

 

 

 さからわずに、力を入れずに漂うように

 海に逆らわずに泳ぐことができるようでないと

 少し沖まで行って泳ぐのは危険です。

 

 手足に力を入れず、海にまかせて漂うように

 お魚のように泳ぐ、あわてない。というのが

 海の足の届かない沖で長く泳ぐコツです。

 

 まあ人生も同じようなものかもしれません。

 

 

 自分の力だけで泳ぐ、力を過信していると

 はじめはよいのですが、すぐ疲れてしまいます。

 

 

 夜は、僕の希望で「すき焼き」にしてもらいました。

 ひとりもので、なかなか「すき焼き」や「鍋物」は

 いただけないので夏ですがすき焼きにして

 いただきました。

 

 

 今はクーラーがあるので、夏でもそんなに

 汗もかかずにすき焼きをいただけるのは

 ありがたいですね。

 「おいしかった!」

 

 

 まあこうして

 帰省2日目もすぐに暮れました。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

呼んでいる場所

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・25(土)

 

 

    呼んでいる場所

 

 

 姫野です。

 今日京都は暑い日の照りつける晴れの

 お天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 大分から戻ってきました。

 

 

 木陰と水が嬉しい季節になりました。

 

  なにとなく 汲むたびに澄む 心かな

 

     岩井の水に  影うつしつつ  

 

                西行

 

 

 さて、さっそく

 大分帰省の記とまいりましょう。

 

 

 母も年なので(満93歳)、毎年一度は顔を観に帰ろう

 と決めています。今年は盆休みに会社が引越しなので

 はやめの夏季休暇をいただいて戻ることにしました。

 

 また、弟が早めに退職して東京を引き払い

 去年別府に家を買ったので、どんなところか観たい

 と思いそれも今回の帰省の目的でした。

 

 

 大分は高校まで産まれ育った土地です。

 子供のときには素朴な郷土愛とも呼べるのかも

 しれませんが、自分が住んでいる大分が

 発展して欲しい、地球で一番素晴らしい処であって欲しい

 将来も大分に住みたいという想いがありました。

 

 

 しかし、大人になって少しいろんな土地を見てくると

 海外にも日本にもそれなりによいところはたくさん

 あるものだとよくわかります。

 

 

 今は京都が僕は気に入っていて、

 去年9月京都に移り住んで

 特に大分に住みたいという気持ちはありません。

 

 

 その人が気に入ったところに住むのが

 一番だろうと思っています。

 

 

 その人の魂が呼んでいる場所

 というのがあるのかもしれませんね。

 

 

 あなたの魂が呼んでいる場所は

 どこでしょうか。

 

 

 <大分帰省の記>

 

 京都から大分にはJRが便利です。新幹線で

 京都駅から小倉へ行き、小倉でソニックという

 特急が新幹線に接続して何本も大分へ出ています。

 

 

 京都駅から新幹線で小倉まで2時間半

 小倉から大分駅までソニックで1時間半、

 合計約4時間で大分へ帰れます。

 

 

 料金はJR西日本の特割りをインターネットで

 検索して、電話で頼むと往復で約28000円

 で行けます。

 

 

 7/19に11時27分の新幹線に乗り15時35分

 に大分駅に着きました。

 

 

 大分駅には弟が別府から迎えに来てくれていて

 弟の車で実家に戻ります。

 

 

 母に「かあちゃん、今帰ったでー」と大分弁で挨拶し

 仏壇を拝みご先祖に挨拶します。

 兄夫婦とお茶を飲みながら世間話をします。

 

 そして

 弟と犬のハッピーを近くの乙津川の土手に

 散歩に連れてゆきました。

 

 

 夕食は近くの料理屋さんで親戚の光江姉さん夫婦

 も交えて会席料理をいただきました。

 会席料理では「茶碗蒸し」と「お吸い物」をいただくのが

 僕は好きです。

  会席料理ではデザートはなくてもよいのですが

 これが付いていないと僕はもの足りなく感じます。

 

 

 まあこうして

 すぐに帰省1日目は暮れました。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

忘却百年の愁い

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・18(土)

 

 

     忘却百年愁

    (忘却す百年のうれい)

 

 

 姫野です。

 今日京都は台風の影響で未明まで激しい雨

 午前中にはあがり、午後は暑い晴れのお天気

 になりました。

  でも鴨川は午後も濁流が勢いよく流れて

 いました。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 いや~、祇園祭は台風の影響で雨でした。

 会社の前の烏丸通(からすま)は歩行者天国で

 屋台が並びましたが、雨で人出がいまひとつ

 というところでした。

 

  僕は会社の帰り、イカの丸焼(300円)を

 買っていただきました。通りで立っていただくなどは

 通常お行儀の悪いことですが、これがお祭りの

 ときには許されますね。

 

 

   あやかれや 長刀鉾の ゆれぐあい

 

               修一郎

 

 

 (意)

  祇園祭は悪霊封じの祈りを込めたお祭りで

  1200年の伝統があります。

   昔の日本人は天変地異・疫病の流行を

  悪霊のしわざと思い、その悪霊鎮めを願い

  ました。

 

  長刀鉾の長刀は、なぎなたで悪霊を退散させ

  ようというという意図ですが、ついでに

  僕の煩悩も退散させて欲しいものです。

 

 

 僕は今日から夏季休暇に入り

 明日から1週間大分に帰省します。

 

 

 

 さて

 幸せのために禅語を味わってみましょう。

 

 

     忘却百年の愁い

 

 

 何かと騒がしい世の中です。人の心もギスギス

 イライラと落ち着かないことも多いです。

 

 

 人の心はなぜ落ち着かないのか

 

 

 人の目と関心が外の世界ばかりを見て

 

 自己の内面をみつめ

 自己の本質とともにあることを忘れてしまう

 からです。

 

 

 静かに緑の中にたたずんでいると

 それが回復してきます。

 

 

 愁いというのも、心がつくりだした

 実体のないものです。

 

 

 たとえ

 人が百年うれいてもそれには実体がありません。

 生涯うれいて人生を終える人

 自ら幸せを遠ざけている人になります。

 

 

 愁い・不安・怒りは

 自分があるときに出てきます。

 

 自分の力で生きていると思い上がっている

 ときに出てきます。

 

 

 自分の力では生きない

 何事も私がやっているとは思わない

 姫野さんなどこの世にもともといない

 

 

 今日からは

 愁いなどは出てきたそばから

 忘れてしまうにかぎります。

 

 

  静かに坐せば

  忘却す百年の愁い

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

矛盾する欲望

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・13(月)

 

 

     矛盾する欲望

 

 

 姫野です。

 今日京都は蒸し暑い晴れのお天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや~、京都はここ数日すごく蒸し暑くなり

 歩くだけで汗をかく季節になってきました。

 

 

 昨日は仕事で大阪久宝寺にあるマイドーム大阪の

 前でパンフレット配布をしましたが、大阪も

 蒸し暑く、蚊にもさされました。

 

  配布の後、大阪の街を散歩して「冷やし中華」

 (750円)をいただきました。そして、

 「まだ物足りないな~」思いつつ少し歩くと

 「てんぷらや」があり、「揚げたて天婦羅」とのれん

  がでていて、いただきたくなり天婦羅定食(750円)

  いか、海老、はす、かぼちゃ、白身魚などの天婦羅を

  あさりのお味噌汁でいただきました。

 

 「う~ん、おいしかった。満足」

 

 

 こうして、一日もすぐ暮れてゆきます。

 

 

   いくとせも 消えぬ想ひは そのままに

 

       夏草しげり  清水ながるる

 

                修一郎

 

  (意)

  だれもが、いくつになっても消えない想い

  というのがあります。

   しかし季節はそれを無視するかのように

  移り行きます。

 

 

 

 さて

 幸せのために、「欲望と人生」ということを

 少し考えてみましょう。

 

 

 私たちは、さまざまな欲望、想いのなかで

 日々暮らしています。

 

 

 かなえられる欲望もあり

 かなえられない欲望もあります。

 

 

 人がどんな欲望・想いをもとうと自由です。

 

 しかし

 かなえられない欲望をもつと悩みます。

 ストレスになります。

 

 

 健康な身体は、食欲・性欲・活動と休息の

 欲求などをすきあらば欲しています。

 

 

 忙しければ休みが欲しいと言いますが

 ただ休みがあっても「つまらない」「退屈だ」と

 すぐいいます。

 

 

 自分の矛盾する欲望と上手に付き合う

 ということは幸せに生きるためには

 とても大切なことになります。

 

 

 さて、

 あなたは自分の欲望をどうとらえて

 日々暮らしているでしょうか。

 

 

 欲望と人生は切り離せないもので

 一度じっくり考えておく価値があります。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

君の名は

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・8(水)

 

 

    君の名は

 

 

 姫野です。

 今日京都はときおり雨のぱらつくくもりで夜は

 雨になりました。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 今日は休みで、自転車で宝が池周辺・岩倉を

 ぶらつき、ブックオフに寄って本を少し買いました。

 

 きれいな水と緑は僕を癒してくれます。

 水の流れと緑に感謝です。

 

 

   なつかしや 祇園祭の 遠ばやし

 

              修一郎

 

 

 京都はもうすぐ祇園祭で、街を歩いていると

 祇園祭の囃しの音が聞こえてきます。

  京都育ちの人間ではないのですが、何か祭り

 のはやしの音は懐かしさを感じさせてくれます。

 

 

 

 さて

 幸せに生きるために、

 自分の本当の名前について少し考えてみましょう。

 

 

 あなたの今の名前は親がつけてくれたものです。

 必ずしも、その名前でなくてもよいわけです。

 

 

 では、自分でつけるとすると、

 自分の本当の名前は何と呼べるでしょう。

 

 

 名前は同じでも

 人は変化します。人間関係も変化します。

 

 人生では

 相手が変わってしまったと嘆くこともある

 かもしれません。

 

 

 人間関係は固定されたものではなく

 変化の連続のプロセスだと感じます。

 ですから、よい方向へ変化していくことが

 とても大切になります

 

 

 たとえ子供であれ

 他人をコントロールしよう、自分の都合の

 よい人にしようと思うとよい結果はうみません。

 

 

 また変化すると言っても

 人はそう簡単には変わりません。

 

 

 結婚するにしても

 浮気をする、怒ると暴力をふるう。という相手と

 自分と結婚すれば、自分の愛情で変わると簡単に

 思う人は少ないでしょう。

 周囲の人は「やめておけ」と助言すると思います。

 

 

 人は本気で自分自身に面と向かって取り組み

 根本から自分の心の在り方を見直し、

 ストレスの中で明るく生き抜くための手段を

 学ばないと、同じことを繰り返します。

 

 

 そのためには

 自分が愚かであり、無力であると

 はっきり自覚することがきっかけとなります。

 

 

 自分が愚かであり、無力であることを

 深く自覚することは智慧の始まりです。

 

 

 仕事であれ、人間関係であれ

 そこに愛情が流れているとき

 私たちはこころから嬉しく幸せに感じます。

 

 

 それがないと

 たとえお金があっても深い歓びはないのです。

 

 

 私たちの

 生きている歓びはどこから来るのか。

 

 

 無理ではなく、自然な愛情が流れでる人と

 なるにはどうしたらよいのか。

 

 

 それには

 自分の根本的な真の姿を知ることが

 助けとなります。

 

 

 人がつけたこの世での仮の名前ではなく

 あなたの本当の名前は何でしょう。

 

 

 君の名は

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

雨洗風磨 その2

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・4(土)

 

 

    雨洗風磨(うせんふうま)その2

 

 

 姫野です。

 今日京都はくもりで午後3時くらいから

 雨のお天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 まあ僕の方は相変わらずです。

 人生あいも変わらずということは

 よいことかもしれません。

 

 

 今日は

 賀茂川でオレンジ色の錦鯉を見かけました。

 土手や畑も今は夏草が勢いよく育っています。

 

 

 めぐる季節を自然はそのまま反映します。

 

 

 すべてにときがあり

 季節がある

 

 まあ、したり顔でそんなことも感じます。

 

 

  こととへば もて離れたる 気色かな

 

    うららかなれや  人の心の

 

               西行

 

 (意)

  なにか声をかけても、あの人はつと離れて

  口もききたくないそぶりをするよ。なにか

  もっとおおらかで朗らかな心であって欲しい。

 

  何ぜかわからないが、何か嫌われて

  冷たく扱われてしまう。

 

  また自分も何ぜか好意をもてず、ある人に

  冷たい態度をとる。

  

  人生では誰もが経験することではないでしょうか。

 

 

   何かもっと、好き嫌いは、好き嫌いとして

  それを離れて、別に無理にとりつくろうという

  ことではなく、朗らかに、大らかに人と接する

  ことができないものか。

   そんなことを感じることがあります。

 

  それが出来る人を「大人だな~」

  「人間の器が大きい方だ」と感じます。

  

 

 

 さて

 前回のお話の続きです。

 

 

    雨洗風磨(うせんふうま)その2

 

 

 幸せのためには、

 人は大人にならない方がよい。

 知らない方がよい。ということになります。

 

 

 「う~ん、この矛盾をどうすればよいのでしょう」

 人はこれをどう乗越えればよいのでしょう。

 

 前回ここまででした。

 

 

 どうしたら、内なるこころの平和を、静寂を

 保てるのでしょう。

 

 

 古来より聖者は言います。

 世界を目撃している間も

 こころはしっかりと自己の根源に

 つなぎとめておくことだ。

 

 

 沈黙の中で

 バラはその芳香を言葉とする

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧