2015年9月26日 (土)

伊勢の御息所

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆
 2015年 平成27年 
 9・26(土) 

    伊勢の御息所(みやすどころ)
    
               
 姫野です。
 今日京都は曇り時々晴れのお天気でした。
  
 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。
  
 今日は仕事の予定が変わって急な休みで
 予定が何もなかったので、1日ゴロゴロして
 本を読みながら過ごしました。

 食事はぶどう食パン1枚と、味噌ラーメン
 をいただきました。あとはいつも通りで、
 リンゴジュース入り牛乳とコーヒーを
 何杯も飲みます。

  どんな食事がよいのかと誰しもが
 考えるところですが、僕はバランスよく
 いろんなものをいただくことを基本に
 しています。のり昆布めがぶの海藻類と
 ちりめんじゃこ、お豆腐と野菜は
 好きでよくいただきます。
 

  夢にだに 見ゆとは見えじ 朝な朝な

   わがおもかげに 恥づる身なれば

                伊勢

  (意)
    なかなかお逢いできないのでせめて夢で
   でもお逢いしたいはずですが、その夢でも
   お逢いしたくありません。
    だって毎朝みる自分がやつれてお逢い
   するのもはづかしいから。

    伊勢が逢えない恋人に贈った歌なので
   しょうか。あなたを想う苦しみで毎朝みる
   自分の顔がやつれてしまって、恥ずかしく
   て夢でも逢いたくありません。

   と言って女性らしく
   かわいく逆に「とても会いたい」という
   気持ちをうまく歌えているところが
   ニクイ!
    
   今から約1100年前の平安の女性ではありますが
   伊勢が貴族にもてた理由がわかる気がします。

   こんな歌をいただくと「逢いに行かなきゃ」
   と思ってしまいます。
  
   あなたはいかがでしょうか。

 
 さて
 幸せのために大切な6つのこと。
 のお話をしていました。

 前回は、
 生きるのがつらいと思ったときは
 1 自分の意識(固定観念)を見直す。
 
 というお話をしました。
 あとは
 2 食事を見直す。
   自分が食べているものを見直して
   みるのも大切です。
 
 3 人間関係を見直す
   今の自分の人間関係がこれでよいか

 4 お金・仕事を見直す
   お金・仕事に対する自分の考え態度がこれでよいか

 5 適度の運動をしているか
   健康を維持するために
   全身の筋肉維持と血行をよくするような
   運動をこころがける。
   
   健康状態が悪いときはつい「悪いほうに
   否定的に」考えが行きがちです。

 6 愛の受信拒否をしていないか
   ここが実は僕が一番言いたいところです。
   
   生きているのが辛いときこそ
   「ひそかに愛にこころをひらく」
   
   「愛」というのは口にするのは恥ずかしい
   言葉ではありますが
   幸せには欠かせないと想います。
   これについては次回にでも詳しく。

  つづく…
 
 ではでは
 愛を込めて!
 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro)

 今日も笑顔でニコッとね。

 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 

 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 
 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
http://melma.com/backnumber_153517/

 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい

 できると信じればできる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

矛盾する欲望

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・13(月)

 

 

     矛盾する欲望

 

 

 姫野です。

 今日京都は蒸し暑い晴れのお天気でした。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 いや~、京都はここ数日すごく蒸し暑くなり

 歩くだけで汗をかく季節になってきました。

 

 

 昨日は仕事で大阪久宝寺にあるマイドーム大阪の

 前でパンフレット配布をしましたが、大阪も

 蒸し暑く、蚊にもさされました。

 

  配布の後、大阪の街を散歩して「冷やし中華」

 (750円)をいただきました。そして、

 「まだ物足りないな~」思いつつ少し歩くと

 「てんぷらや」があり、「揚げたて天婦羅」とのれん

  がでていて、いただきたくなり天婦羅定食(750円)

  いか、海老、はす、かぼちゃ、白身魚などの天婦羅を

  あさりのお味噌汁でいただきました。

 

 「う~ん、おいしかった。満足」

 

 

 こうして、一日もすぐ暮れてゆきます。

 

 

   いくとせも 消えぬ想ひは そのままに

 

       夏草しげり  清水ながるる

 

                修一郎

 

  (意)

  だれもが、いくつになっても消えない想い

  というのがあります。

   しかし季節はそれを無視するかのように

  移り行きます。

 

 

 

 さて

 幸せのために、「欲望と人生」ということを

 少し考えてみましょう。

 

 

 私たちは、さまざまな欲望、想いのなかで

 日々暮らしています。

 

 

 かなえられる欲望もあり

 かなえられない欲望もあります。

 

 

 人がどんな欲望・想いをもとうと自由です。

 

 しかし

 かなえられない欲望をもつと悩みます。

 ストレスになります。

 

 

 健康な身体は、食欲・性欲・活動と休息の

 欲求などをすきあらば欲しています。

 

 

 忙しければ休みが欲しいと言いますが

 ただ休みがあっても「つまらない」「退屈だ」と

 すぐいいます。

 

 

 自分の矛盾する欲望と上手に付き合う

 ということは幸せに生きるためには

 とても大切なことになります。

 

 

 さて、

 あなたは自分の欲望をどうとらえて

 日々暮らしているでしょうか。

 

 

 欲望と人生は切り離せないもので

 一度じっくり考えておく価値があります。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

君の名は

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 7・8(水)

 

 

    君の名は

 

 

 姫野です。

 今日京都はときおり雨のぱらつくくもりで夜は

 雨になりました。

 

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 今日は休みで、自転車で宝が池周辺・岩倉を

 ぶらつき、ブックオフに寄って本を少し買いました。

 

 きれいな水と緑は僕を癒してくれます。

 水の流れと緑に感謝です。

 

 

   なつかしや 祇園祭の 遠ばやし

 

              修一郎

 

 

 京都はもうすぐ祇園祭で、街を歩いていると

 祇園祭の囃しの音が聞こえてきます。

  京都育ちの人間ではないのですが、何か祭り

 のはやしの音は懐かしさを感じさせてくれます。

 

 

 

 さて

 幸せに生きるために、

 自分の本当の名前について少し考えてみましょう。

 

 

 あなたの今の名前は親がつけてくれたものです。

 必ずしも、その名前でなくてもよいわけです。

 

 

 では、自分でつけるとすると、

 自分の本当の名前は何と呼べるでしょう。

 

 

 名前は同じでも

 人は変化します。人間関係も変化します。

 

 人生では

 相手が変わってしまったと嘆くこともある

 かもしれません。

 

 

 人間関係は固定されたものではなく

 変化の連続のプロセスだと感じます。

 ですから、よい方向へ変化していくことが

 とても大切になります

 

 

 たとえ子供であれ

 他人をコントロールしよう、自分の都合の

 よい人にしようと思うとよい結果はうみません。

 

 

 また変化すると言っても

 人はそう簡単には変わりません。

 

 

 結婚するにしても

 浮気をする、怒ると暴力をふるう。という相手と

 自分と結婚すれば、自分の愛情で変わると簡単に

 思う人は少ないでしょう。

 周囲の人は「やめておけ」と助言すると思います。

 

 

 人は本気で自分自身に面と向かって取り組み

 根本から自分の心の在り方を見直し、

 ストレスの中で明るく生き抜くための手段を

 学ばないと、同じことを繰り返します。

 

 

 そのためには

 自分が愚かであり、無力であると

 はっきり自覚することがきっかけとなります。

 

 

 自分が愚かであり、無力であることを

 深く自覚することは智慧の始まりです。

 

 

 仕事であれ、人間関係であれ

 そこに愛情が流れているとき

 私たちはこころから嬉しく幸せに感じます。

 

 

 それがないと

 たとえお金があっても深い歓びはないのです。

 

 

 私たちの

 生きている歓びはどこから来るのか。

 

 

 無理ではなく、自然な愛情が流れでる人と

 なるにはどうしたらよいのか。

 

 

 それには

 自分の根本的な真の姿を知ることが

 助けとなります。

 

 

 人がつけたこの世での仮の名前ではなく

 あなたの本当の名前は何でしょう。

 

 

 君の名は

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

雨洗風磨(うせんふうま)

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 6・27(土)

 

 

    雨洗風磨(うせんふうま)

 

 

 姫野です。

 今日京都はくもの多いお天気でした。

 はや六月も終わりになってきました。

 来月は祇園祭です。

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 京都はここのところ雨は降るのですが、

 暑い日のさす日も多く

 梅雨なのかどうなのか、今ひとつ分かりにくい

 お天気です。

 

 ただ毎日眺める比叡山も雲がかかっていること

 が多いです。

 

 

   水無月や 峰に雲おく 比叡山

 

              修一郎

 

 

 今日は牛肉250グラム(580円)と

 玉ねぎを買い、きゅうりを切って

 焼肉をいただきました。

 

 僕は菜食が多いのですが、

 ときどき焼肉もいただきます。

 この季節は焼き肉もおいしいです。

 

 何でもおいしくいただけることは

 「ありがたいものだな~」と感じます。

 

 

 

 さて

 いつもの静かに人生を考える時間です。

 (なんじゃそりゃ!)

 いやまあ、おりおりにそんな時間をもつのも

 人に幅と奥行きを与えてくれると思います。

 

 今日は

 幸せのために、禅語を味わってみましょう。

 

 

    雨洗風磨(うせんふうま)

 

 

 いろいろ辛いことも多い人生ですが

 人は雨に洗われ、風に磨かれて立派な人格と

 なる。という意味です。

 

 

 確かにそれは言える。つらいことを自分で

 経験し、それを自分で乗越えてはじめて

 自分のものとして身につき学んでゆけます。

 

 

 しかしまた

 あまりにつらい経験は、人の心をゆがめて

 しまいます。

 

 

 不平を言い、後悔をする人は、何を選択しても

 不平をいい、後悔をします。

 

 苦労の中で

 もう、知らず知らずにそんな心の態度が身に

 ついているのです。

 

 

 そんな人には、苦労は自分を磨くより

 さらに、人格をゆがめ、人が嫌いになり、

 世の中が嫌になるだけになります。

 

 

 でもまた

 人格がひねくれているということではなく、

 大人になり、この世の裏を知り、世の矛盾

 不合理を知り、人の裏表を知り、

 人間の愚かしさ、見苦しさ、傲慢さ

 をいろいろ見てくると

 

 この世が嫌になる

 人が嫌になる

 生きているのがむなしくなり

 

 何をやっても、人生を心から楽しむ

 ということが出来なくなるということも

 いえます。

 

 

 不満・むなしさが心の底にはいつもあり、

 何かで一時的に気を紛らわせることは

 できても、本当にこころの底から楽しい。

 となかなか思えなくなる。

 

 

 ある意味、責任を負った大人になるという

 ことは、「人生を心の底から楽しめなくなる」

 ということではないか。とも感じてくるのです。

 

 

 責任を引き受け、自立した大人になる

 ということは大切なことです。

 

 ただそれが、心の底から人生を楽しめなくなる

 ということを意味するのなら、幸せとは言えない

 と思います。

 

 幸せのためには、

 人は大人にならない方がよい。

 知らない方がよい。ということになります。

 

 

 「う~ん、この矛盾をどうすればよいのでしょう」

 人はこれをどう乗越えればよいのでしょう。

 

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

なぜ結婚するのか

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 6・24(水)

 

 

    なぜ結婚するのか

 

 

 姫野です。

 今日京都はくもが多めの晴れのお天気でした。

 いよいよ蒸し暑くなってきました。

    

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 

 昨日は仕事で大阪小若江にある近畿大学へ

 うかがいました。

 

 京都から近畿大学に行くには少し手間です。

 大阪駅でJR環状線に乗り換え鶴橋駅でおりて

 近鉄線高安行きの普通電車で長瀬駅まで

 行くことになります。

 

 

 2学部に用事がありましたが、

 担当者はとてもよい方なので

 さほど気を使わなくてすみます。

 

 仕事は、見積もりを提出する段取り

 などのお話しが中心でした。

 

 それでも

 気をつかうのか少し疲れます。

 

 

 帰りの電車で

 3人の男女学生が話をしていました。

 

 

 「俺は結婚できないかもしれない。

  だって犬がいれば淋しくないんだ」

 

 そしたら女子学生が

 「あら、それだったら犬好きの女性と

  結婚すればいいだけじゃない」

  とツッコミを入れていました。

 

 

 まあ、女子学生の言う方がより妥当か

 と感じました。

 

 

 それで

 なぜ結婚するのかということについて

 ふと考えました。

 

 

 さて

 どうでしょう。

 幸せのために人生では結婚ということも

 古来から大きな位置を占めてきました。

 

 

 生活して、生き延びていくために

 どうしても結婚しなければならなかった

 時代が過ぎようとしています。

 

  今は、男女とも結婚しなくても生活

 自体にはさほど不自由をしなくて済む

 時代になりました。

 

 そんな中で

 今は結婚をする意味をしっかり考えて

 結婚しないと、嫌になればすぐ離婚という

 ことになります。

 

 

 まもちろん

 それはそれでもよいのかもしれません。

 特に正解というのはなく

 それぞれに自分で考えて一番よいと感じる

 無理のない選択が一番だろうと思います。

 

 

 僕個人は

 お互いに無理なく、自然に自分の愛情が豊かに

 流れ出ることができる。

 そう感じられる人との結婚が一番だろう。

 

 

 これからの時代は

 結婚はより深い愛を感じ学ぶためにするのが

 一番だろう。

 

 

 理性と自分の感情をみつめて

 魂があい呼ぶように感じる相手と結婚できると

 いいんだろうな~。

 

 

 どんな経験、楽しみや苦しみも

 その人がより慈悲深く・愛情深くなるために

 役立てて欲しい。

 

 

 まあ僕はそんなことを考え、願いますが

 あなたはいかがでしょうか。

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

君が住むにも  好きな人・恋しい人

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 6・20(土)

 

 

     君が住むにも

     好きな人・恋しい人

 

 

 姫野です。

 今日京都は梅雨の晴れ間といえるくもは多めですが

 まぶしくはない陽のさすお天気でした。

    

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 今日僕は休みでしたが、

 仕事でR大学へ出かけました。

 

 お昼は大学生協の学食でいただきました。

 きつねうどん、さばの味噌煮、オクラの小鉢

 梅おろし冷奴で(560円)でした。

 

 

 仕事でよく利用させていただくのですが、

 学食は安くておいしくて好きです。

 

 

 若い学生をみていると

 豊かでみのり多い人生を歩んで欲しい。

 と願わずにはいられません。

 

 

   とにかくに 厭(いと)はまほしき 世なれども

 

      君が住むにも  ひかれぬるかな

 

                   西行

 

   (意)

    とかく何かにつけても、いとわしく想う

    この世ではあるが、恋しいあなたが住ん

    でいると思うと、心惹かれるものであるよ。

 

    ほんとうに、好きな人、恋しい人、素敵な人

    であふれる世にしたいですね。

 

    あなたはどんな人が好きですか。

    どんな人に心惹かれますか。

 

 

 

 さて

 幸せのためには

 理想像を決める。「そう決める」

 ということがとても大切です。

 

 

 どんな人になりたいのか

 それをしっかり決める。

 

 よく成功者の自己啓発本で聞くことですが

 「自分のゴールを決め、日付をつける」

 ということは確かに大切です。

 単純ですが強い力をもちます。

 

 

 それを自分の人格という面から見ると

 「自分はどんな人格の人になりたいのか」

 それを明確にする。

 

 

 そして

 慈悲のこころ、慈愛に満ちた人に

 なりたいと思ったなら

 

 

 慈悲のこころに満ちた人に「なりたい」

 愛にあふれる人に「なりたい」

 というのではなく

 

 

 慈悲のこころに満ちた人に「なる」。

 愛にあふれる人に「なる」。

 と言いきることです。

 

 

 あまり大言壮語はしたくない方も

 多いと思います。

 

 でも何かを決めたときには

 内心では「なる」と言い切ることです。

 

 

 そして、さらに言うなら

 慈悲のこころに満ちた人

 清らかな愛にあふれる人というのは

 

 

 「そうなる」と言い切らなくても

 人のごく自然な本来の姿です。

 

 ただ何かがじゃまして

 多くの人がそれに気づけないだけなのです。

 古来より賢者・覚者は繰り返しそう説きます。

 

 

 さて

 あなたは自分をどんな人格の人間だと

 思っているでしょうか。

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

あなたの本来の姿 常行一直心

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 6・7(日)

 

 

     常行一直心

     あなたの本当の姿

 

 

 姫野です。

 今日京都はうすぐもりのお天気でした。

    

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 うちの近くはまだ畑も多く、今きゅうり、なす

 きゃべつ、玉ねぎ、トマトなどいろんなものが

 育っています。

 

 通りがけに、その成長を見るのが楽しみです。

 

 草も元気よくすぐ生えるので、商品にするために

 農家の方も大変だろうと思います。

 

 

 今日は、休みで北大路にあるスポーツクラブで

 軽く汗を流し、帰りにイーオンで鳥のレモン焼き

 と枝豆を買って、賀茂川の土手でいただきました。

 

 

 賀茂川の土手で休むのが僕の今の楽しみの

 ひとつです。段差を造って小さな滝のように

 なっているのが賀茂川のよさです。

 

 すべてはあるがままに自然に流れてゆきます。

 

 

   あるままに 映る景色や 水の音

 

             修一郎

 

 

 生きるとは何だろう。

 

 この人生とは何だろう。

 

 私がこの世に生きている意味はあるのだろうか。

 

 人は仕事や人間関係、お金や健康や老いや死

 また食欲・性欲や怒り・嫉妬・自尊心や自己否定感にも

 悩むいきものです。

 

 政治や社会のありかたについてもまた

 人それぞれにいろんな想いがあります。

 

 人のいろんな欲望や想いも尊重し

 大切にあつかわなければいけません。

 

 

 そんな中でみんなが幸せに生きる道

 

 

 そんな想いも

 流れてゆきます。

 

 

 すべての人は本来幸せに生れついている

 ただそれを忘れているだけだ

 見えないだけだ。

 

 

 それを人生のなかで教えない、教わらないのは

 大きな不幸だ。

 

 

 いま人は不自然な生き方を強いられている

 不自然な生き方をよいことだと教わっている。

 

 

 この社会の中で

 「幸せだがなんとなく少しおかしい」

 「何かが欠けている」

 そう感じている人も多いだろう

 

 

 僕はそう感じます。

 

 

 

 さて

 禅語を味わって、人の本来の姿について

 考えてみましょう

 

 

     常行一直心

 

 

 直心とは

 何のはからいも執われもない、

 ひたむきで純真で分別のない

 素直で真っ直ぐなこころ

 

 

 あなたは気付いていないかもしれません

 「え~」と思うかもしれません

 

 でも

 あなたのこころの最深部には

 清らかで、ひたむきで、とらわれのない

 ただいちずで真直ぐな愛がながれています。

 

 

 愛というものを

 異性と愛し合うことだと思っているうちは

 わからない世界だと想います。

 

 

 愛という言葉はあまり使いたくはない

 言葉ではあります。

 

 でも

 生きることは愛すること

 

 すなおで真直ぐな愛

 それがあなたの自然な本来の姿なのだ

 

 

 幸せに生きることを考えたときには

 そう表現せざるを得ない。

 それが人生で忘れてはならない基本だと

 僕は想います。

 

 

 あなたはいかがでしょうか。

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

怒りを鎮める教え

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 6・1(月)

 

 

     なぜ憤(いきどお)るのか

     怒りを鎮める教え

 

 

 姫野です。

 今日京都はくもが多めでしたが暑いお天気でした。

    

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 はや6月となりました。

 

 

 昨日の日曜日は僕は仕事で、司法書士の公開模試

 で関西大学千里山キャンパスに行き、試験監督や

 それに付随する準備や事務処理で過ごしました。

 

 

 仕事がらあちこちの大学に行きます。

 そのなかで関西大学の千里山キャンパスは緑も多く

 僕は好きです。

 

 

 民間の私企業で働いている僕からすると

 大学というのは本当に贅沢だと感じます。

 

 

 というのは、広いキャンパスで、教室も空いている

 部屋も多く、また長い休暇中はさらにガラガラです。

 

 

 これだけの不動産を保有し遊ばせる余裕など

 民間の小さな私企業ではとてもありません。

 こんな環境で学べる学生は幸せだな~と感じます。

 

 

 

 試験を目指して受験している方々を

 試験監督をしながら眺めていて

 「それぞれに

  いろんな人生を過ごしていらっしゃるな~」

 

 「みなさん、今幸せなんだろうか」

 

 などという想いが湧いてきます。

 

 

 あなたは今幸せでしょうか。

 

 

 

 さて

 聖徳太子の17条の憲法はご存知の方も

 多いと思います。(604年)

 憲法と言っても歴史上これが憲法の発布という

 正式なことがなされたかどうかは議論の

 あるところです。

 

 

 僕の考えとしては

 聖徳太子の考えを官吏たちに示したもので

 国家として天皇の名で正式に発布のようなことは

 されなかったのではないか、と感じます。

 

 

 幸せのために少し内容の好きな部分を

 紹介させて下さい。

 

 

 九にいう。

 真心は人の道の根本である。

 何事にも真心がなければいけない。

 事の善し悪しや成否は、

 すべて真心のあるなしにかかっている。

 官吏たちに真心があるならば、何事も達成できるだろう。

 群臣に真心がないなら、どんなこともみな失敗するだろう。

 

 

 十にいう。

 心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、

 ほかの人が自分とことなったことをしても

 怒ってはならない。

 

 人それぞれに考えがあり、

 それぞれに自分がこれだと思うことがある。

 

 相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、

 自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。

 

 自分はかならず聖人で、

 相手がかならず愚かだというわけではない。

 皆ともに凡人なのだ。

 

 そもそもこれがよいとかよくないとか、

 だれがさだめうるのだろう。

 おたがいだれも賢くもあり愚かでもある。

 

 

 今から約1400年前のものですが

 今もその通り妥当する言葉だと感じます。

 

 

 怒ったり、憤慨したときには

 思いだすとよい言葉ですね。

 

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月21日 (木)

あなたはどんな自分になりたいでしょう。 6正精進

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 5・21(木)

 

 

 

   あなたはどんな自分になりたいでしょう その6

     正精進(しょうしょうじん)

 

 

 

 姫野です。

 今日京都はとても気持ちのよい

 晴れの一日でした。

    

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 

 今日僕は仕事でしたが、仕事をするには

 もったいないようなよいお天気でした。

 

 今夜はカレーうどんを自分で作って

 いただきました。ときどきカレーが

 とてもいただきたくなります。

 

 

  いつはりの なき世なりせば いかばかり

 

     人の言の葉  うれしからまし

 

               読み人知らず

 

  (意)

   基本的には恋の歌ですが、人間不信・

   世の人への恨みを軽く歌っているとも

   いえます。

 

   人間はある意味とてもおそろしい存在。

 

   自己の利益のためなら、恐ろしいことも

   平気で出来てしゃあしゃあしていられる

   存在にもなりうるという一面もあります。

 

 

   人の、いやそれはまた同時に自分の見苦しさ

   愚かしさでもあることを自覚したとき、

   あなたはどう感じますか。

 

 

 では

 あなたはどんな方に

 心惹かれますか。

 

 

 あなたは人として

 どんな自分になりたいでしょう。

 

 

 

 さて

 自分の人格を磨くための依るべき基準。

 八正道のお話しの続きです。

 

 

   6 正精進(しょうしょうじん)

 

 

 正精進とは正しい努力・修養をいいます。

 善へ向けての努力を怠るな。と教えます。

 

 

 慈悲のこころをもて

 慈悲のこころを忘れては人ではない

 

 ひとしく人と生まれて

 不幸な人などこの世にいてよいはずがない

 

 

 1 正見をもち

 2 正思をもつ

 3 正語をもちいる

 4 正業をする

 5 正命をする

 6 正精進を怠らない

 

 そんな人としてありなさい。

 そう教えるのです。

 

 

 あなたはいかがでしょうか。

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月13日 (水)

あなたどんな人にこころ惹かれますか4 正業

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   

 2015年 平成27年 

 5・13(水)

 

 

   あなたはどんな人に心惹かれますか

     正業(しょうごう)

 

 

 姫野です。

 京都は昨日の台風はそうたいした雨にはならず

 今日は気持ちのよい晴れの一日でした。

   

 

 ど~も、いかがお過ごしでしょうか。

 僕は書きながら、この読者の方は

 「今日もしあわせにお過ごしだろうか」と

 いつも想います。

 

 

 ひとりの人間が

 深いこころの平安の中で日々暮らす。

 生涯を終える。というのはなかなか難しい

 ものがあります。

 

 それは、子供のときから大人になっても

 深いこころの平安を

 「人はどうすれば得ることができるのか」

 

 

 それについて、教わり学ぶという機会が

 とても少ないことにあると思います。

 

 

  いくほども ながらふまじき 世の中に

 

     ものを思はで  ふるよしもがな

 

                 西行

 

 

  (意)

  説明を要しない、わかりやすい歌です。

  西行の「山家集」の恋の歌のなかにあるので

  恋の歌としてとらえるのがよいかもしれません。

  

  恋の悩みもつらいかもしれません。でも

  お金・仕事・美容・老い・病気・人間関係など

  など、心配不安な思いは生涯誰にもついてまわり

  ます。

 

 

 突然ですが

 象の集団の移動速度は何で決まると思いますか。

 

 

 子象の歩く速度で決まります。

 

 

 ひとつ家の家族が幸せに過ごすには

 家族の全員が成熟していることが

 必要になります。

 

 夫・妻・同居の両親など

 ひとつ家に住んでいて

 

 

 ひとりでも幼くすぐ乱れて感情的になる人がいると

 家族全員が影響を受けます。

  社会・国家・世界もまた同じといえる

 と思います。

 

 

 みんなが人間的に成長し成熟するということは

 しあわせに暮らすには大切なことになります。

 

 

 もっとも

 そう言っている僕も未熟な愚か者です。

 もっと学ばなくっちゃね。

 

 

 あなたはどんな方に

 心惹かれますか。

 

 

 あなたは人として

 どんな自分になりたいでしょうか。

 

 

 

 さて

 自分の人格を磨くための依るべき基準。

 八正道のお話しの続きです。

 

 

   4 正業(しょうごう)

 

 

 正しい業(行いとその積み重ね)をする。

 結果と責任を自覚する。

 

 

 殺生・盗み・みだらな行為はしない。

 

 殺し・傷つける。

 他人の財物を奪う。

 性的に乱れる。

 もう古来より人を苦しめてきた問題です。

 

 

 なにがあっても

 そんな真似はしない人となりなさい。

 

 

 1 正見をもち

 2 正思をもつ

 3 正語をもちいる

 4 正業をする

 

 そんな人としてありなさい。

 そう教えるのです。

 

 

 あなたはいかがでしょうか。

 

 

 つづく…

 

 

 ではでは

 愛を込めて!

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

 

 

 今日も笑顔でニコッとね。

 

 

 何であれ、そこに愛が流れてこそ

 はじめてこころから楽しくなります。

 

 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を

 お読みいただけると嬉しい。

 

 本の少し詳しい内容とお求めは

 http://himeno3.blog89.fc2.com/

 

 

 幸せはごく自然な

 あなたの命の本来の属性です。

 

 

 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。

  (聖心寺・聖心神社)

  http://seisinji.net/index.html

 

 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」

 http://siawase1.at.webry.info/

 

 このメルマガ購読はこちらから

http://melma.com/backnumber_153517/

 

 ご意見・ご感想などはこちら

 姫野メルアド ANA38655@nifty.com

 

 

 生涯かかっても実現できないような

 大きな夢を持ちなさい

 

 

 できると信じればできる。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧