« 知っておきたい日本史のベストカップル | トップページ | 知っておきたい日本史のベストカップル(3)  平重衡と輔子 »

2010年7月21日 (水)

知っておきたい日本史のベストカップル(2)  平重衡と輔子

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。

 世界中のすべての方が幸せにありますように!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

 2010年 平成22年

 7.20(火)

    知っておきたい日本史のベストカップル(2)

         平重衡と輔子

    

 姫野です。

 今日も東京は夏の日差しの照りつける暑い一日でした。

 

 ど~も、いかがおすごしですか。

 結婚するとき多くの方が「死が二人をわかつまで共に添い遂げる」

 ことを誓います。

  現実には、生涯共に深く愛しあって添い遂げることは稀です。現

 実に一緒に暮らすと、相手に対していろんな不満も出てきます。また

 一方が浮気したり、金銭感覚が大きく自分と違っていたりすると仲好

 くといっても難しくなります。

  男女の愛に決まったかたちというのはないのでしょうが、相手を

 深く尊重し感謝するという態度だけは、成熟した大人の夫婦間係に

 は不可欠だと思います。

  自分の欲望のための道具のように相手を扱うことだけは避けない

 といけないのではないだろうか。と僕は感じます。

 

  そして、その愛がひとりの人だけということではなく、それを超え

 てひろくすべてに及ぶような人になれると素敵だと思います。

  

 さて

 僕の好きなカップル。平重衡と輔子についての話の続きです。

     知っておきたい日本史のベストカップル(2)

      平 重衡(しげひら)と輔子(すけこ)夫妻

  <三種の神器との交換を拒否さる>

  重衡は一の谷で源氏の捕虜となります。そして、京都に送られます。

 後白河法皇は安徳天皇を擁する平家の持つ三種の神器を取り戻したく

 て、屋島に本営をおく平氏の総帥・宗盛に三種の神器と重衡との交換

 を交渉します。

  その使者となった平重国に重衡は罪人の身で書状は書けないので口頭

 で妻輔子に伝えて欲しいと語ります。

  「同じ旅の空にある時は、互いに慰めあったものを、ひき別れて後、

   貴女は如何におはしますか。この世の契りは、あの世でも朽ちぬ

   と申します。されば後の世にて、必ず巡り逢はん」

  と妻への伝言を頼み、重国も涙を禁じ得ませんでした。

  <重衡鎌倉へ>

 

  頼朝の要請で、重衡は鎌倉へ護送されます。

  途中、池田宿のおり。女主人は、

 「噂にはお聞きしてはおりましたが、まさかあの重衡様が、この様な辺鄙

  なところへお越しになるとは、誠に不思議な御縁かな」と驚いて、一首

  を詠んで差し上げました。

    旅の空は にふの小屋の いぶせさに

 

            故郷いかに 恋しかるらん 

  重衡の返歌

    故郷も 恋しくもなし 旅の空

            都も終の すみかならねば

  <鎌倉到着後頼朝の尋問>

  頼朝は重衡に会って、

 「南都を滅ぼしたのは清盛の指図か、それとも自分でやったのか」

  と問うた。

  重衡は応えて言う

  「南都滅亡については、清盛の指図でもなく、自分の考えでもなく、

   衆徒の悪行を鎮めようとしていたところ、思わぬ結果になったの

   だ」という。

 「捕虜となり恥ずかしくはないのか」

 「弓矢をとるならひ、敵の手にかゝッて命を失ふ事、まッたく恥にて

  恥ならず。只芳恩にはとくとくかうべをはねらるべし」

  (武門の家に生まれた以上、捕虜となることも覚悟の上、貴公に一

   片の情けが有るなら、さっさとこの首刎ねられよ)

  と申されて、その後は、頼朝に何を聞かれてもお答えにはなりませ

  んでした。 

  梶原景時、これを見て、

  「天晴れな大将軍かな」と感嘆しました。 

  頼朝の尋問にも、武士らしく堂々とした態度、それでいて優雅な物

  腰に居並ぶ鎌倉武士も感嘆します。頼朝も「殺すには惜しい人物」

  と好意をもちます。

   それで、頼朝も狩野宗茂にお預けとし、捕虜とは思えぬ手厚いも

  てなしをします。

  ながくなりますね

  本題に入る前に、悪名の高い平重衡の気持ちのよい男っぷりをみなさ

  んに知っていただきたくて、つい前置きが長くなります。

   でも知ると、重衡って実は気持ちのよい、すがすがしい武士らしい

  武士だと感じるのではないでしょうか。

  あなたはいかがでしょうか?

  明日は鎌倉で捕虜の重衡に恋をしてしまった「千手」の話もしまし

  ょう。

 つづく…

 ありがとうございます。

 今日もご無事で過ごせますように!

 ではでは、

 あなたに感謝します!

 今日も笑顔でニコッとね!  

 (お知らせ)

 「お茶のみ話相談」の部屋。気が向いたときはどうぞ。

 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P2334219

 (健康のために)

 意識して一日数回は深呼吸しましょう!

 そして歯も大切にしましょうね!

 気付いていますか

 昨日も今日も明日もそして今この瞬間も

 幸せはあなたに降りそそいでいます

愛以外、あなたを最終的に満足させられるものは

何もありません

これからも地球がやさしい愛でつつまれますように!

この宇宙のすべてに

深い感謝と祝福をささげつつ

あなたにたくさんの幸せが訪れますように!

この美しい宇宙のすべてが

あなた自身の姿なのです

 幸せについての話が得意です。

 何かのときにはお声をかけて下さい。

「スピリチュアルな幸せの専門家」

 姫野 修一郎(Himeno Shuichiro

  メールアドレス:ANA38655@nifty.com

     あなたの意識が世界を創ります

     あなたが幸せに生きることは

     世界を幸せにします

     今日もすべてに感謝します

     ありがとうございます

愛を込めて!

姫野 修一郎

  

|

« 知っておきたい日本史のベストカップル | トップページ | 知っておきたい日本史のベストカップル(3)  平重衡と輔子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知っておきたい日本史のベストカップル(2)  平重衡と輔子:

« 知っておきたい日本史のベストカップル | トップページ | 知っておきたい日本史のベストカップル(3)  平重衡と輔子 »